• 2014.10.07 Tuesday
0
    最近、コラーゲンサプリメント
    というものが出回っております。

    コラーゲンの良さを
    頂くには組み合わせが重要です。

    コラーゲンだけでは、
    十分に良さを得られないどころか
    糖質や体に悪い油と一緒に
    摂取すると体内でコラーゲンが糖化、
    お肌がたるみ、肌に悪影響を
    およぼします。

    コラーゲンチョコレートや
    コラーゲン飴玉は・・・。

    ビタミンCと肌の再生にかかせない
    良質なたんぱく質とを
    一緒にたべるのがおすすめです。

    手羽先と小松菜のような。

    古くから伝わる
    正しい食材の組み合わせというのは
    変えることのない、守るべき
    大切なものです。




     
    • 2014.10.06 Monday
    0
      こないだインタビューをした
      おばあちゃんから
      別れ際に
      いただいた言葉。

      『まじめにやれよ』

      満面の笑顔で
      僕を
      見送りだす
      その言葉には
      力強さと励ましを感じました。


      しかし、
      時にまじめすぎるとも言われる。

      自分自身どちらの
      自分が本当なのだろうか?


      まじめを辞書で調べると、

      ①うそや冗談でないこと。
      本気なこと。
      ②真心のあること。
      いいかげんにごまかしたりはしないこと。

      まじめの慣用句として
      『まじめ腐る』ともある。

      意味は、ひどくまじめな様子をする。


      今の自分は
      どう思われたくて
      どうみせたいのだろうか。
      • 2014.10.03 Friday
      0
        本やネットにも知恵の情報はいっぱいあるけれど、
        見たことも体験したこともないことはなかなかわかりません。
        でも、わからないことは直接聞いてみるのが一番。
        おばあちゃんの知恵についてのインタビューをシリーズでお届けします。



        第4回目のゲストは 清水の久能 100年続く石垣いちご農家のおばあちゃんです。




        【シリーズ連載 第4回 (1/4)】

         
        すべての人に、久能山東照宮さんに感謝。

        --------おばあちゃんの元気の秘訣は?

        ここにこうしているだけで、
        みんながあいさつしたり、声をかけてくれて
        本当に感謝。そして久能さんにもいつも感謝してます。

         
        話すことは楽しいこと。話すことはボケ防止。
         
        わたし、いくつにみえる?

        もう90歳なのよ。
        こうしてお話しすることが楽しい。
        おしゃべりがすき。

        --------- ありがとうございました

        おとしを聞いてびっくり。
        そのことを伝えると
        笑って
        照れておりました。


        次回は10月10日(金) シリーズ連載 第4回(2/ 4)をお届けします。

         
        • 2014.10.02 Thursday
        0
          手をぬくことはあっても、心はぬかない。

          力はぬくけど雑にはあつかわない。

          型を学び、型をくずすこと。

          根は真似するけど、カタチはそのまま真似して
          あたかも自分がつくりだしたようにみせない。





          今週のMYルール「てづくり、できたて、てんに感謝。」『3tea(みて)」



          秋富士と ひこうきぐもが みちしるべ 
          • 2014.10.01 Wednesday
          0
            紫蘇の実の塩漬け



            収穫したての穂紫蘇の実を
            塩漬けにしました。

            材料)紫蘇の実 100グラム
               塩    10グラム(紫蘇の実の10%)

            流れ)





            ①紫蘇の実を穂からはずします。 



            ②実についているほこりやごみをたっぷりの
            水でサッとあらい流します。

            ③さらしなどの上で乾燥させます。

            ④乾燥した実をボウルに入れ塩を7グラム(3分の2の量)
            をもみ込みます。

            ⑤④を保存容器にいれ、残りの塩3グラム(3分の1の量)
            をふたにするように上部にのせます。



            ⑥ふたをしてできあがりです。




            おむすびやチャーハンにおすすめです。
            食感がぷちぷち。ほのかな紫蘇のやわらかい香りがたまりません。

             

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << November 2019 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            お問合せ

            ご質問、ご要望などありましたら、ご遠慮なくお問合せ下さい。
               
            メールアドレス

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            OTHERS