• 2014.04.04 Friday
0
    静岡発!? おばあちゃんの知恵に関するインタビュー


    本やネットにも知恵の情報はいっぱいあるけれど、見たことも体験したこともないことはなかなかわかりません。でも、わからないことは直接聞いてみるのが一番。おばあちゃんの知恵についてのインタビューをシリーズでお届けします。

    記念すべき第1回のゲストは 坂本美智子おばあちゃんです。





    【シリーズ連載 第1回 (1/4)】


    1 おばあちゃんの食についての思い出ばなし聞かせてください?
     

    なんていうかね。昔は自給自足っていうか。今はお金を出せばなんでもあるけど。
    どんな事話したらいいんだろっ。
    私の父は私の生まれる前は、お昼はお店、夜は立ち食いの屋台のおすしやさんをやってたのよね。
    ものび(お祭りやお正月)には、1日に4斗(40升)のおこめを炊いたぐらい忙しかったみたいよ。
    父は若いころから信念があって「お寿司屋になりたい」と修行にいき、その後「龍魂」
    というお店をひらいたのね。
    わたしは背中をみながら見よう見まねで料理の勉強をしてたのよ。

    結婚して、しばらくすると主人の会社からお声がかかり
    会社の寮のごはんや外国からお見えになった長期滞在のお客さま相手に
    お料理をだしていたの。でも外国にも行ったことないから何をつくっていいのかわからない。
    外国に行ったことがある方に聞きながら
    前菜をだして、サラダ、スープ、ステーキ。最後にデザート、コーヒーか紅茶を。
    父や弟に聞きながら自己流でやってたわ。(次回へつづく)
     

    お話をきかせて頂いていて、食を生活のための仕事ではなく、
    人生のひとつとして楽しんでいたんだなと、そして今も日々勉強という気持ちで
    料理や食を楽しんでいるなぁって感じました。

    次回は4月11日(金)シリーズ連載第1回 (2/4)をお届けします。













     

    PROFILE

    CALENDAR

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    お問合せ

    ご質問、ご要望などありましたら、ご遠慮なくお問合せ下さい。
       
    メールアドレス

    SEARCH THIS SITE

    MOBILE

    qrcode

    OTHERS