• 2014.06.13 Friday
0
    本やネットにも知恵の情報はいっぱいあるけれど、
    見たことも体験したこともないことはなかなかわかりません。
    でも、わからないことは直接聞いてみるのが一番。
    おばあちゃんの知恵についてのインタビューをシリーズでお届けします。



    第2回目のゲストは 西尾享子おばあちゃんです。




    【シリーズ連載 第2回 (2/4)】


    その人の口にあった味。それは食べてもらうベストタイミング。


    -------- お話を聞いているとおばあちゃんから
    食に対して感謝を強く感じます。それはなぜですか?



    う〜ん。そうだね。
    体調くずしてひとつきぐらい、なんにもたべれないときがあった。
    人生の中で2回ぐらいあった。
    たべたいものもおもいつかない。

    だれかきたときに「なにたべたい?」って
    聞いてから、つくると俄然やる気がでてくる。
    ひとりになって思ったのは、
    自分のお腹をみたすためではなく
    ひとのためにつくっていたんだなぁ。

    「今日はあまいな。しょっぱいよ。おいしかったよ」が最大の励み。

    うちの主人がなにもいわない。と、料理の腕はあがらない。
    それを言われるから次どうしよう。と考える。
    そのうちの味が確率されてくる。

    主人やこどもたちのためにつくっていて気づいたこと。
    その人の口に合った味。ていうのはその人に食べてもらうベストタイミング。



    全くおなじでなくてもいい。


    --------- 誰かに伝えたい味はありますか?


    受け継がなければ、伝えなければいけないわけではない。
    伝えてその子が理解してくれて、自分なりのスパイスを効かせてくれて
    次の世代へ引き継ぐ。全くおなじでなくてもいい。

    でもそこに投げかけても理解してもらえない感じが、多くなった気がする。
    「あら、そう。そういう味なんですか」で終わってしまう。
    なんか、すごく悲しいじゃん。伝えようと思っていることが伝わらないと・・・。



    --------- おばあちゃんの味を一品つたえるとしたら?


    おすしかなぁ・・・。




    --------- ふりかえり
     
    最後の「おすしかな・・・。」には
    すごくおいしさを感じる自信と
    伝えるワクワクののった喜びが
    言葉とトーンから感じました。

    人のために食事の支度をする喜び。
    そのご飯を囲み賑やかな食卓。

    そんな情景が頭にうかんできました。

    その基本があたりまえにある生活。
    そのことに感謝する。

    なくなってから気づくこともあるけど、
    おばあちゃんのお話から
    あらためて日々を大切にする心を思い返しました。

    ありがとう、西尾さん。

     


    次回は6月20日(金) シリーズ連載 第2回(3/ 4)をお届けします。
    • 2014.06.06 Friday
    1
    本やネットにも知恵の情報はいっぱいあるけれど、
    見たことも体験したこともないことはなかなかわかりません。
    でも、わからないことは直接聞いてみるのが一番。
    おばあちゃんの知恵についてのインタビューをシリーズでお届けします。



    第2回目のゲストは 西尾享子おばあちゃんです。




    【シリーズ連載 第2回 (1/4)】

    はつものを味わうは、なんとも贅沢なこと。

    -------- 子供の頃、季節感を何で感じましたか?

    季節感は、はつもの感。
    子供の頃、おばあちゃんによく
    「はつものを食べると75日いきのびるよ」といわれたわね。
    そのときにしかないから、すごく尊重されたのよ。
    冬よりも春や夏の頃によく言ったわね。


    --------- 夏のはつものを思い出す、たべものは何かありますか?

    トマト、きゅうり、すいか、あと〜とうもろこしかな。
    今はどれもスーパーに1年中あって、
    全く季節感がないから味がしない・・感じがする。
    昔の採りたてのトマトは青くても美味しかったわ。

     

    --------- ふりかえり

    はつものの意識は、僕自身も富士宮に移り住み
    野菜と自然が身近になってからやっと自分のあたりまえになってきました。
    それまでは全く、意識としてない感覚のひとつでした。

    冬よりも春夏に、はつものって言葉がとびかうのはなんとなくわかる気がしました。
    暑い夏から段々寒い冬へ季節がかわるより、寒い冬から待ちに待った春が愛おしいように。


    次回は6月13日(金) シリーズ連載 第2回(2/ 4)をお届けします。

     
    • 2014.04.18 Friday
    0
      静岡発!? おばあちゃんの知恵に関するインタビュー


      本やネットにも知恵の情報はいっぱいあるけれど、見たことも体験したこともないことはなかなかわかりません。でも、わからないことは直接聞いてみるのが一番。おばあちゃんの知恵についてのインタビューをシリーズでお届けします。

      記念すべき第1回のゲストは 坂本美智子おばあちゃんです。先週からのつづきです。





      【シリーズ連載 第1回 (3/4)】 


      4 おばあちゃんにとって1番たのしい事は?
       

      お寿司をにぎること。
      人にできないこと。特技というか。お料理がすきで。興味がある。
      ばかじゃないかっていわれるぐらい、好きをやりとおしたのよ。

      孫がきたときに「おばあちゃんのお寿司たべたい」言われて
      のりまきつくったり、おいなりさんつくったりすると
      「おいしいやぁって」いってくれるで、ありがたい。


      5 それをどうやってみつけたんですか?どうやってつづけてきたんですか?
       

      好きか嫌いかの違い。興味のある人、ない人の差。天性。みにつけると一生の宝。
      ほんろりする。うっとりする。もってうまれた特権。
      好きだ覚えたいがあるか。プライドをもてるか。

      ポリシーをもってやること。そこからチャンスがうまれる。
      努力をしてあぐらをかかないように。まわりのいいと思った事はとりいれる。
      人生一生勉強だよ。
       


      好きを続けると人生の楽しみにかわるんだ。
      温め続ければ続けるほど、楽しいがる広がるんだ・・・。
      ひとつひとつの言葉にずっしりとした重みと
      夢をもってチャレンジし続ければきりひらけるんだよ
      というワクワク感がいっぱい伝わってきました。


      次回は4月25日(金)シリーズ連載第1回 (4/4)をお届けします。
      • 2014.04.11 Friday
      0
        静岡発!? おばあちゃんの知恵に関するインタビュー


        本やネットにも知恵の情報はいっぱいあるけれど、見たことも体験したこともないことはなかなかわかりません。でも、わからないことは直接聞いてみるのが一番。おばあちゃんの知恵についてのインタビューをシリーズでお届けします。

        記念すべき第1回のゲストは 坂本美智子おばあちゃんです。先週からのつづきです。





        【シリーズ連載 第1回 (2/4)】 


        2 昔の食材についておしえてください?
         

        うちはお寿司屋さんだったからお料理屋さん専門にやっている八百屋さんから野菜はもらってたね。今みたいに無農薬っていわれるようなかんじはなかったね。あんまり言わない時代だったね。そうね〜。「露地のトマトはおいしい。」って父がいってたね。今のスーパーに売ってるトマトより赤く熟れて味がよくておいしいってみんなもいってたわ。どこのお家も庭に種をまいて野菜は自給自足がおおかったわ。



        3 食で昔を懐かしくなる思い出はなにかありますか?
         

        焼津をおりるとお魚のにおいがぷ〜んとするの。袋井にお嫁にきて、草の匂い。焼津に生まれて焼津で育ったからかもしれないけど。袋井は田んぼの草のにおいがすごく感じるの。あ、あと言葉もちがう。「そうやへん」袋井は京都よりの言葉。焼津の言葉はあらい。まくしたてるのよ。他の土地から来た人からは昔は通訳がいるぐらいだったのよ。(次回へつづく)
         


        食のお話しからいろんなことを連想して思い出され、いろんな昔のお話を聞くことができました。味の記憶、香りの記憶は今も昔を思い出すヒントになる。だから何かそこには大切なこと、大切にすべきことの秘密がかくれているような・・・。


        次回は4月18日(金)シリーズ連載第1回 (3/4)をお届けします。

        PROFILE

        CALENDAR

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>

        SELECTED ENTRIES

        CATEGORIES

        ARCHIVES

        お問合せ

        ご質問、ご要望などありましたら、ご遠慮なくお問合せ下さい。
           
        メールアドレス

        SEARCH THIS SITE

        MOBILE

        qrcode

        OTHERS